与えられたタラントを用いよ

天の御国は、しもべたちを呼んで、自分の財産を預け、旅に出て行く人のようです。…五タラント預かった者は、すぐに行って、それで商売をして、さらに五タラントもうけた。…ところが、一タラント預かった者は、出て行くと、地を掘って、その主人の金を隠した。…一タラント預かっていた者も来て、言った。『ご主人さま。あなたは、蒔かない所から刈り取り、散らさない所から集めるひどい方だとわかっていました。私はこわくなり、出て行って、あなたの一タラントを地の中に隠しておきました。…                                              マタイの福音書25章14節~30節

今日は有名なタラントのたとえの箇所です。このタラントから派生して、特別な能力や才能を持つ人を意味するタレントという言葉が生まれました。しかし、預かったタラント、財産をそのまま返して主人の怒りを買った3番目のしもべのような失敗を起こす危険性が私たちにもあります。気をつけましょう。今年のテーマはプラス・ワン。その秘訣を3番目のしもべの失敗から学びましょう。

1.引っ込み思案に注意

自分の引け目や劣等感などからくる引っ込み思案に注意しましょう。ここで、主人はしもべの能力に応じてとありますが、平等が重視される日本では、おかしなことになります。主人は不平等、どうせ自分は3番目で、1タラント。まるで自分の価値を失ったかのように思い、ひねくれて何もしないで終わってしまうのです。しかし5タラントの人は、すぐに出て行ったと書かれています。自分の能力に応じて与えられたものを積極的に活用したのです。
私たちはこの1年、プラス・ワンの信仰を掲げているのです。自分はそんなに能力はない、認められない、あの人のようではないという思いが、引っ込み思案に通じ、消極的になり、結局何もしないで終わりませんように。そういう悪いパターンではなく、与えられたチャンスを感謝して行動を起こしたいのです。

2.行動しない言い訳をしない

3番目のしもべは、1タラントのまま差し出すことに引け目を感じたのでしょう。自分が何もしないこと、失敗や欠点、愚かさを隠そうとして、とんでもない言い訳をしました。
世界には、実際いろんなチャンスがあるのです。しかし、いい話があっても、日本人は失敗することを恐れ、「本社に持ち帰って相談します」と必ず言うそうです。その間に、中国や韓国に持って行かれ、日本人の慎重さが裏目に出ています。
言い訳のプロになるための人生にならないよう注意しましょう。むしろ、神から与えられた「時」が行動できるための時になるようにしましょう。

3.責任転嫁をしない

こんなものを押しつけた主人が悪いと、言い訳が責任転嫁に発展します。チャンスをくれた人を恨んではいけません。物事がうまくいかないと、命を与えた神を逆恨みしていないでしょうか。神に感謝こそすれ、不平不満を言う理由はありません。
自分が正しいと思っているかもしれません。このしもべも言い訳をしながら自分が悪いとは全く思っていませんでした。しかし、責任転嫁をして相手を責めるのではなく、選ばれた特権を感謝しましょう。
このしもべは、財産家の主人に見込まれ選ばれた3人の1人として、1タラントと言っても3千万~6千万円にも匹敵する莫大なお金を委ねられたのです。私たちも、クリスチャンの少ない日本で、家族や地域社会の中で真っ先に神から選ばれたことにはよほどの意味があるのです。自分ではわずかと思っていても、莫大な価値のある可能性を秘めた命を与えられた者として選ばれた幸いを感謝し、すぐに行動し、与えられた無限の可能性を用いる者になりましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク