あなたはわたしを愛するか

…イエスはシモン・ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか。」ペテロはイエスに言った。「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」イエスは彼に言われた。「わたしの小羊を飼いなさい。」…「主よ。この人はどうですか。」イエスはペテロに言われた。「…それがあなたに何のかかわりがありますか。あなたは、わたしに従いなさい。」…              ヨハネの福音書21章15節~23節

 

信仰は、神様と私たちとの個人的な関係が大切だとよく言われます。そして確かに信仰は個人の体験となり、私たちひとりひとりが主と向き合わなければならないのであり、他人事ではいけないのです。と同時にキリスト信仰の醍醐味は、十人十色の私たちが、イエス・キリストの御名のもとに一つとなり、神の家族、神の民として主の御前に立ち、祈り、賛美を捧げ、御言葉を分かち合い、主の恵みに与ることにもあるのです。今日もこの場所で共に集まり主を礼拝する全員に主の恵みが豊かに注がれることを期待しましょう。
今日開いた箇所は、復活の主イエスがガリラヤ湖畔で弟子たちにご自身を現されたことに続く物語です。湖に漁に出ていた弟子たちに主イエスは、最初の出会いや、彼らの召しを確認させますが、ここで焦点はペテロというたった一人に絞られます。この箇所から3つのことを共に学んでおきましょう。

1.あなたに注がれる主の目を意識しよう

私たちの信仰の醍醐味は、みんなで一緒に主の御前に立つことであると述べました。復活の主との出会いは、多くの弟子たちに共通の出来事であり、この前の箇所でも複数の弟子たちが経験したことでした。それがここでペテロというたった一人の人物に焦点が絞られるのです。これはヨハネの福音書の特色である、個人化という描き方です。何人かが関係する物語の後に、一人の人がクローズアップされる、一人の人に焦点が合わせられるのです。私たちは、全員で主の御前に今日出ています。主の目はこの所全体に注がれています。しかし同時に主の目は、他の誰でもないあなた一人に注がれているのであり、あなたにその焦点が合わせられているのです。

2.人ではなくあなたが応答することが大切

「あなたは、わたしを愛するか」「はい。主よ」という主イエスとの問答に続き、自分の行く末を暗示され、そして「わたしに従いなさい」 と言われたペテロは、振り返って辺りを見ました。自分の負うべき運命の重さに躊躇いを覚えたのかもしれません。するとそこに他の弟子がいて、ペテロは話を彼に振るのです。そんなペテロに主イエスは、「彼がどうだろうとあなたには何の関係があろう。あなたは、わたしに従いなさい」と語ります。主の目があなたに注がれるとき、目をそらしてはいけません。そして、主の目があなたに語りかけることに対して、他の誰かではなく、あなたが応答していくのです。

3.主を愛することがすべてのすべて

主イエスが、ペテロに「あなたはわたしを愛するか」と3度問うたのは、彼のこれからの信仰の生涯が、主を愛することができるかどうかに懸かっていたからです。私たちも主を愛さないで、信仰の生涯を全うすることはできません。だから私たちは主を愛することにこだわりたいと思います。ペテロは、主イエスを一度は裏切った男です。どの面を下げて「あなたを愛する」と言うことができたでしょう。けれども、彼は主イエスを愛していたのです。私たちも、主イエスを愛すると大胆に告白することが憚られるような、頼りない中途半端な存在かもしれません。それでも、主を愛して私たちの信仰の歩みを進めて参りましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク