聖書の語るキリストに立ち返ろう

イエスはガリラヤ全土を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病気、あらゆるわずらいを直された。イエスのうわさはシリヤ全体に広まった。それで、人々は、さまざまの病気と痛みに苦しむ病人、悪霊につかれた人、てんかん持ちや、中風の者などをみな、みもとに連れて来た。イエスは彼らをお直しになった。こうしてガリラヤ、デカポリス、エルサレム、ユダヤおよびヨルダンの向こう岸から大ぜいの群衆がイエスにつき従った。             
                    マタイの福音書4章23節~25節 

 

昨日、マレーシア航空の飛行機が消息を絶ったというニュースを見て、あらゆる面で神は守ってくださったと実感しました。今回のインド伝道では、様々な奇跡の証しがありますが、その中からひとつ。今回は、雨の心配のない時期にという要望で2月末に変更したはずでした。野外集会では、雨が降るとすべては中止で、大変な損失ですから。しかし、野外集会2日目の夜、変な停電のあと雷雲立ち込め豪雨に。ものすごい雨音ととも、にあっと言う間にホテル周辺は浸水。今日の集会は20年間で初めて中止かと思い込んだのですが、テルから車で走り、集会場所のアラングラムに着くと、驚くことに、雨は全く降っていなかったのです。3日目も、途中パラパラと小雨が降りましたが、祈るとすぐに止みました。4日目も守られて最後の集会後、そこは豪雨に。翌日そこを通ると、集会を行った場所は水浸しでした。神は何の支障もないように4日間守ってくださったのです。
4日目には5,000名を超える参加者となり、半数はヒンズー教徒で、癒しの証しに出られた方の半分も眉間に赤い印を付けたヒンズー教徒でした。集会後の日曜礼拝から、たくさんのヒンズー教徒が教会に集い、先生方は驚いて感謝を伝えてくれました。集会では、決心者が毎回1,000名ほど起こされ、癒しや悪霊からの解放の御業が次々と起こされる、聖霊の働く集会となりました。4日目には印象的な証しをしてくれた先生が居られました。実は、その地区の教会が2つに分かれて対立状態で、一緒には集会をしないと言っていたのです。その方々が和解しキリストの愛により一致する教会となったのです。信仰は、自分の思いや理解が深められたとしても、イエスから離れては意味がありません。何と言ってもイエスに結びつくことです。インドでも、イエスの働きに立ち返ろうと自ら言い聞かせていました。

1.基本を思い起こそう

23節には、3つのイエスの働きが書かれています。すなわち、聖書の言葉を教え、福音を宣べ伝え、病を癒された。救い主としての御業は、難しい理屈や議論ではなく、イエスご自身が、御言葉をシンプルに語り、救いの福音を伝え、聖霊により人々を癒したという基本を思い起こしましょう。

2.イエスは接点をもたれる救い主

イエスに触れていただくなら、病も癒されます。この聖餐式でパンと葡萄酒をいただく時にイエスが共におられると信じるなら、神のみ業は今日も起こるのです。イエスの血潮と臨在の証しであるパンと葡萄酒をいただくなら、起こる出来事があります。信じる時に癒しと解放の神のみ業は今日も起こるのです。

.イエス・キリストを自分のものとする

インドではすごいことが起こるが、日本では理屈だけというのではなく、聖書の伝えるイエスに素直に立ち返り、聖書の語るイエスを体験しましょう。あなたの人生においても神の恵みが起こるのです。この聖餐式が単なる儀式ではなく、聖書が語る通りのイエスを信じ結びつく時としましょう。私たちの信仰にはしるしと不思議が満ちています。それは、イエスが共におられ、今も聖霊によって働いておられるからです。それをシンプルに信じましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク