実は、私はクリスチャンです!

パウロがこのように弁明していると、フェストが大声で、「気が狂っているぞ。パウロ。博学があなたの気を狂わせている。」と言った。するとパウロは次のように言った。「フェスト閣下。気は狂っておりません。私は、まじめな真理のことばを話しています。…するとアグリッパはパウロに、「あなたは、わずかなことばで、私をキリスト者にしようとしている。」と言った。パウロはこう答えた。「…私が神に願うことは、あなたばかりでなく、きょう私の話を聞いている人がみな、この鎖は別として、私のようになってくださることです。                             使徒の働き26章24節~29節

     

2015年の歩みもあっという間に11月の最後を迎えています。今年の信仰のテーマである「いつも感謝!」をささげる者でありたいと願っています。
先々週、私は1週間にわたりマレーシアにあるスクール・オブ・アクツでの卒業直前の集中講義に行ってまいりました。人々にイエスの愛を伝えていこうと学んできた神学生の方々に、単に知識だけでなく私の日本や世界での伝道の経験から、夢とビジョンを持って伝道に出て行く信仰を燃やし、どんな試練や困難があろうともそれぞれの伝道の場にあって絶対にあきらめないで、人々の救い、いやし、悪の力からの解放のために働きを推し進めていこうと熱く語ってまいりました。皆さんが祈って私を送り出してくださり感謝します。皆さんの個人的な祈りが、これからアジア各地に散らばっていく神学生たちを励まし、その先に何百人何千人の人々が聖書の御言葉、愛に触れることができるのです。
さて、今日からクリスマスを迎える準備の日々が始まるアドベント(待降節)にはいります。早速今週の土曜日(12/5)から、まずは神戸でクリスマス集会が始まります。そして、26日まで各地で12回のクリスマス集会を開催します。各方面にお知り合いがおられる方は、ぜひ集会のご案内をお願いします。松山では12日の市民チャリティクリスマス、20日はクリスマス合同礼拝と続きます。
私は、クリスチャンとしてこのクリスマスをどう歩めば良いか祈り、「実は、私はクリスチャンです!」という短いフレーズが与えられました。
このシーズン、何かと「クリスマス」があなたの周辺で話題になると思います。そんな時に、「実は、私はクリスチャンです。教会に行っています。今度クリスマスの集会に私も行きます。ご一緒にどうですか」と誘ってみてください。まだ神様を知らない人にお知らせする最高のチャンスです。

1.人生に起こった紛れもない事実を語ろう

パウロは、自分を裁く権限のある人たちの前で、その場で処刑されかねない厳しい状況の中でも、何度も繰り返して自分がしたことを弁明しました。その内容は、命が助かるための自己弁護ではなく、イエスのことを人々に証しする言葉でした。

2.救われて欲しいという思いを語ろう

パウロは、王であるアグリッパに向かって、囚人の立場でありながら、鎖は別として、私のようにイエスを信じて救われて欲しいと語りました。どんどん裁きが厳しくなる中でも、パウロは証し続けました。クリスチャンになった私たちの心の喜び、平安、どんなときも神が共におられるという恵みを、私だけでなく、あなたにも知って欲しいと語りましょう。
私たちは、単なるお祭り騒ぎをしたいからクリスマスを祝うのではなく、「キリスト祭り」の主役であるキリストが、私の罪を清めて永遠の命を与えてくださり、私たちの人生を根本的に変えてくださったことに感謝して、本当のクリスマスをお祝いしたいと思います。「実は、私はクリスチャンです!」という短いフレーズに、あなたもそうなって欲しいという思いをこめて、人々をキリストの恵みへと導いてまいりましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク