恵みの神が臨在される人生

わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、あなたのいのちを穴から贖い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、あなたの一生を良いもので満たされる。あなたの若さは、わしのように、新しくなる。
                                       詩篇103篇1節~5節

2015年も早くも秋を迎えましたが、クリスチャンである自分の生き方をその都度選び取って恵みの秋を歩んでまいりましょう。
最近最も関心を持たれた安全保障関連法については、決め方のプロセスにおいてもデモにおいても、暴力的であったり、暴言を吐いたりする様子をニュースで見るにつけ、もう少し成熟した対応があったのではないかと考えさせられました。
にっちもさっちもいかなくなった時、あなたはどうしますか? クリスチャンにはクリスチャンらしい生き方や信仰を持つ者の具体的な物事の進め方が、主にあって備えられているのです。 だからこそ、あなたの人生は更に豊かになっていくのです。クリスチャンであるのと、そうでないのとでは人生の生き方が随分違ってくることを意識しておきたいと思います。癒しの力を頂いて元気な秋の日々を歩むために、信仰を神に喜ばれる方法で働かせましょう。

1.主をほめたたえ、感謝する人生

世の中には、怒りや不満を人にぶつけたり、愚痴、失望感を味わう人生もあるでしょう。しかし私たちクリスチャンは、主をほめたたえ、讃美と感謝のある日々を歩んでいこうではありませんか!
この詩篇の作者が、まず神を讃美し、高らかに叫んでいるように、今日癒しを求めて祈るにあたって、私たちもそれが起こる前に主をほめたたえ讃美し感謝しようではありませんか。私たちは、信仰を持って信仰によって歩んでいるのです。ですから、この世の人々と同じような、物事の結果を見て感謝するという後追いの感謝ではなく、それが起こる前から神をほめたたえ、讃美し、感謝することを自らの生き様として選び取る者でありたいと思います。

2.人々の元へと遣わされた救い主

祝福を与え、常に私たちの味方であり、必要な恵みを満たして下さる「恵みの神」が共におられるのが、クリスチャンの人生です。恵まれることが自然であり、祝福されることも基本です。
詩篇の作者は、「神を信じると、私たちの人生には必ず良い事がいくつも起こるのだから、その恵みを忘れてはいけない。主はあなたの罪、咎を赦し、病を癒し、人生の挫折、命のピンチから助け出して下さり、人生の中に神からの祝福と豊かな愛、憐れみによる素敵な御業がいくつも与えられている。気がつけば、神を信じて歩む私たちの人生には、生涯を通して良い物が一杯与えられる。確かに年はとっていくだろうが私たちの若々しさはなくならない」と語っています。私たちの信じている神は「恵みの神」です。この世に遣わされたイエス・キリストを通して御子が御自分の命を十字架の上で捧げるところまでして、とことん徹底的に私たちを愛して下さり恵んで下さる。どんなに罪や悪の力が強くても神の愛と恵みはそれ以上なのです! 「恵みの神」が常に共におられる人生は最高の人生になるのです。
インド伝道でも「恵みの神」が働かれ、神のご計画が形となって実現しています。また「癒し主」である神が、多くの奇跡もなして下いました! インドの地だけでなく、私たちも今日の癒しの礼拝で癒され、神の恵みに与ろうではありませんか!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク