溢れ出る神の愛によるいやし

…その女を見て、呼び寄せ、「あなたの病気はいやされました。」と言って、手を置かれると、女はたちどころに腰が伸びて、神をあがめた。すると、それを見た会堂管理者は、イエスが安息日にいやされたのを憤って、群衆に言った。「働いてよい日は六日です。その間に来て直してもらうがよい。安息日には、いけないのです。」しかし、主は彼に答えて言われた。「偽善者たち。…この女はアブラハムの娘なのです。それを十八年もの間サタンが縛っていたのです。安息日だからといってこの束縛を解いてやってはいけないのですか。」…          ルカの福音書13章10節~17節

今朝は癒しの礼拝。この礼拝の中で今も癒し主として御業をなしておられるキリストの恵みにふれて下さい。安息日の出来事、イエスは18年間腰の曲がった女性を癒され、御業を現わしました。それを見た律法学者たちは、安息日に仕事をしてはいけないと裁きます。安息日は神を礼拝する日で、仕事をしてはいけないという決まりが、形式的なものになっていたのです。イエスは律法学者たちに、安息日に牛やろばに水を飲ませに連れて行くでしょう。自分のものならば大切にするでしょう、と言われ、彼らの思い違いを諭されます。ルカの福音書では、しばしば神の愛について語り、それは父なる神の愛であると語っています。この女をアブラハムの娘、神の愛する、神の民の一員と呼び、苦しんでいる者を助けるのが父の愛であり、その神の愛をとどめるものは何もないと語っています。ここから3つのことを確認しましょう。

1.神と呼ばれるのにふさわしい神

あなたの病気が癒されるか、癒されないか決めつけてはなりません。現代の医学が常識としている法則があり、担当医が名医で、神の手と呼ばれているかもしれません。しかし彼らは神ではなく人です。神は大きな御方で、神の御心はもっと豊かです。命の与え主であり、創造主です。弱い者を悪魔の力から解放し、救って下さる御方です。人の知恵や思い込み、世の中の常識、医学の鉄則で神の御業を束縛してはいけません。人間の思い、律法を超えて働かれる神がおられます。神にはどんなことでもできます。その神を信じ、真の礼拝を捧げましょう。

2.ありのままを癒して下さる主

2つ目に学びたい鉄則は、ありのままの弱さを取扱い、癒して下さる神様がいるという事実です。神の癒しと言うと、生まれつき目が見えないなど、大きな病でないと恵みをいただけないとか、特別な信仰がなければ癒されないというような、霊的な距離を勝手に作ってはいませんか? そして自分とは無関係だと思ってはいませんか? この女性は、人生の根本を狂わすような重大な病気ではありませんでした。しかし、イエスは癒して下さいました。あなたの症状が小さな病気であっても、ありのままの姿を受け止め、強め癒して下さいます。どんな大きな病気であってもイエスに大きすぎるものはないと同時に、小さすぎる病もありません。

3.溢れ出る神の愛

この腰の曲がった女性は、もういなくてもよい年寄りに見えるかもしれません。でも主は癒される理由を、神の子の1人だからと言われ、溢れるほどの神の愛を示して下さいました。神の愛は放蕩息子(ルカ15章)に現わされた愛です。普通なら勘当が当たり前の息子を待ち続け、帰って来ると息子のあかしである指輪をはめ、祝ってくれたではありませんか。これが神の愛です。弱くて愚かで足りない私たちですが、父なる神の愛は、溢れ出る神の愛、癒しの根本は、溢れて溢れてとどまるところのない神の愛です。私たちを子供として愛して下さる神の愛です。神の臨在を信じ、ありのままの姿で主の前に出、溢れる愛と癒しをいただきましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク