私たちを励ます神からの3つのことば

主はヨシュアに仰せられた。「きょうから、わたしはイスラエル全体の見ている前で、あなたを大いなる者としよう。それは、わたしがモーセとともにいたように、あなたとともにいることを、彼らが知るためである。…」…箱をかつぐ祭司たちの足が水ぎわに浸ったとき、…流れ下る水はつっ立って、…水は完全にせきとめられた。民はエリコに面するところを渡った。主の契約の箱をかつぐ祭司たちがヨルダン川の真中のかわいた地にしっかりと立つうちに、イスラエル全体は、かわいた地を通り、ついに民はすべてヨルダン川を渡り終わった。             ヨシュア記3章7節~17節

6月も残り僅かとなり一年の折り返し地点になりましたが、弱い私たちに「強くあれ、雄々しくあれ」と神は語って下さるのですから、この恵みをしっかり戴いて前進していきたいと思います。
この物語は、出エジプトの大事件の一コマとして描かれていることを思い起こして下さい。400年を越える奴隷生活の中で叫び求め、泣きながら神の助けを求めたイスラエル人たちの祈りを神が聞かれ、神の選びの民として、当時最強の国エジプトからイスラエル人を救い出して下さったのでした。いよいよ約束の地カナンに入る直前に、神は指導者を偉大なモーセからヨシュアに交代されました。いきなり指導者となったヨシュアの心には、恐れ、弱気、不安、迷いが多くあったのではないでしょうか。神は折に触れ、そのヨシュアを励まして下さいましたが、その神のお言葉は、私たちに対する神のお言葉でもあるのです。今日は特に7節から、今日の生活を生きる私たちに「強くあれ」と語って下さる神のお言葉の3つの要点を学びましょう。

1.あなたを大いなる者としよう

「あなたを大いなる者とする」と神は語られたのです。他の「誰かを」ではなく、「あなたを」です。聖書が語る神は、天地宇宙のすべてを創られ、すべての人の神ですが、どんなに多くの人の神であっても、私たちと向き合い、常に私たち一人一人と、一対一の関係で語りかけて下さる神です。この恵みをしっかりといただきましょう。あなたが信仰を持って神の御前に立つならば、「あなたを大いなる者にしよう」と語って下さる神がいることを感謝しましょう。

2.あなたとともにいる

ヨシュアにだけでなく、神のみ言葉を読む私たちにも神は共にいて下さるのです。あの偉大なモーセと共にいた同じ神が私たちと共にいて下さることを喜びましょう。私たちの人生は、決して自分だけで寂しく歩むべきものではありません。神と共に歩むのがクリスチャンの人生。そして神の臨在という不思議な感覚を身に負って歩むのです。クリスチャンであるあなたは、どんな時にも神の臨在の中を歩んでいるのですから、孤独感に苛まれる時は信仰がずれている時です。モーセ、ヨシュアと共にいて下さった神は、今、聖霊の豊かな働きの中で私たちと共にいて下さいます。この恵みをもう一度握り直しましょう。

3.神の臨在を確認し、人生の現場に立て

クリスチャンである私たちの信仰は、実生活、人生の現場に働く力です。神は、「苦難の中に立て、試練から逃げるな、人生の現場に立て」と言われます。ヨシュアに、隔ての川があろうと、敵対する異邦人がいようと、歩みを止めてはならない、真っ直ぐ進めと言われました。私たちも人生の現場にしっかり立ちましょう。解決の答えは問題の中にあるのです。辛いことから目を逸らして逃げていては勝利は得られません。神のお言葉に従い祭司たちがヨルダン川に入った瞬間、水がせき止められました。出エジプトでモーセが体験したと同じ奇跡をヨシュアも体験したのです。どれほど励まされたことでしょう。私たちにも同じ恵みを与えて下さるのです。神のお言葉をいただき、強められましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク