クリスチャンのライフスタイルを目指して

キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊の歌とにより、感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。       コロサイ人への手紙3章16節

兄弟姉妹、今の時代は様々な問題、罪や悪の問題が私たちに迫って来ていると言っても過言ではありません。しかし私たちは、本当にいのちの溢れる生活を持ちたいのです。本当のクリスチャンであるためには、日曜日に礼拝に来るだけの律法主義的な信仰ではなく、生活様式がクリスチャンとして変えられることです。様々な状況の中でも、毎日の生活の中にクリスチャンらしいライフスタイルが定着しますように。6月も後半に入りましたが、これからの一週間もあらゆる状況の中でイエスの恵みを期待する私たち一人一人でありたいと思います。今日の聖書箇所からクリスチャンとしてのライフスタイルを確立するための4つの鍵を確認したいと思います。

1.神の御言葉によって生きる

毎日の歩みを神の御言葉に立って生きる者となりましょう! 「キリストのことばを豊かに住まわせなさい」と聖書は語っています。クリスチャンの私たちは神の御言葉を土台としましょう。ダビデは「あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。」(詩篇119:105)と語りました。何があっても揺るがない、変わらない神の御言葉があなたの心の土台の核としてしっかりと据えられていますように。そのためにもこの一週間、あらゆる場面で聖書を開いて御言葉を心に刻みつけましょう!

2.神から知恵をいただく

神の御心がどんなに素晴らしいか、それは神が創造主だからです。創造主しかわからない知恵があるのは当然の摂理です。人の知恵ではなく、神からの知恵をいただきましょう。旧約に登場するソロモンは神に知恵を求め、それが神の御心に適い彼は偉大な王になりました。私たちも神に知恵を求め、それを互いに分かち合い、教え合っていきましょう。

3.戒めを受け入れる

今の世の中は自分の思いを全部受け入れて欲しいと思う人々が増え、その結果、世の中の仕組みも随分わがままになったのではないかと感じます。でも神は私たちに対し「戒め」ということをはっきりと語って下さいます。例えばヘブル12:7では「試練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです」と記されています。今の世の中は過保護になり、子供を叱らない傾向にあります。けれど神は、子供である私たちを躾け、戒め、時には懲らしめて下さるのです。自分の考えを認めてもらうことより、神に叱ってもらい、成長することを求めましょう。神が私たちを子として愛して下さり、本気で戒めて下さることを感謝しようではありませんか。

4.神を賛美、感謝する

ダビデは詩篇34:1で「私はあらゆる時に主をほめたたえる。私の口には、いつも、主への賛美がある」と語っています。兄弟姉妹、あなたの毎日の生活の中で、あらゆる時に賛美、感謝の声があげられていますように! あらゆる時に主をほめたたえる者でありたいと思います。そのためには、あなたに与えられている恵みを数え、それを証しし合い、笑顔と喜びを忘れないようにしましょう!
4つの鍵を実践し、この一週間を通してクリスチャンの生き様を自分のものとして定着しましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク