与えられたいのちの恵み

ついで神は、「地は、その種類にしたがって、生き物、家畜や、はうもの、その種類にしたがって野の獣を生ぜよ。」と仰せられた。するとそのようになった。…神は見て、それをよしとされた。そして神は、「われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。…神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。…そのようにして神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ。それは非常によかった。こうして夕があり、朝があった。第六日。
                      創世記1章24節~31節

今日の記念会礼拝を感謝します。すでに天に召された、愛する人々を偲びつつ、私たちに与えられた命が、どのような命であるかを、もう一度考えたいと思います。この創世記1章、天地創造の物語を、神話や、おとぎ話だと言う人がいますが、そうではありません。聖書を学び、研究していくと、私たちの理解を超え、現代科学の説明をはるかに超えた、人間やこの世界についての、大切な真理がしたためられています。ご一緒にひも解いてまいりましょう。

1.神によって造られ、与えられた命

あなたの命は、どこから生まれたのでしょうか? 両親が私に命を授けてくれたと語る人もいますが、しかし親になると、自分が子供に命を与えたなどと、大それた事は思えません。神から与えられた命を受け継いだだけです。聖書は、はっきりと神が、神の形(ラテン語:イマゴディ)に似せ、人間を造ったとあります。私たちの命は、神によって造られ、与えられたのです。それは、神が私たち人間を造りたい、生かしたい、愛したい、そして共に歩みたいと願って下さったからです。神を崇め、感謝したいと思います。私たちは、造られた方の御心を聞くことにより、本能のままに生きるのではなく、愛することや、死後の霊的な世界を考える、本当の生きる意味、目的が解かるようになります。

2.すべての良き物を与えて下さった

神は人を祝福し、この世のすべての良きものをお与えになり、生めよ、増えよ、地を従え支配せよと語られています。生きていくために必要なものは、すべて与えられていますから感謝です。不足感や欠乏感を訴えるのではなく、感謝する者でありたいと思います。本当の命の生き方、人の歩みが確かにされるのは、憲法や法律ではなく、神の御言葉にあります。神に立ち返り、命の基本を思い、神から離れてはいけません。また、私たち人間は、その与えられたものを、責任を持って支配し取り扱わなくてはなりません。人間の都合で、自然破壊するのは神の御心に背いた愚かなことです。聖書は生きることを語り、生きよと言われます。決して自分で死を選んではなりません。必要な恵みを与えられている者として、精一杯生きようではありませんか。

3.それは非常に良かった

神は、天地宇宙を創造された1日、1日の締めくくりに「それをよしとされた」と語っています。私たちの人生は、命もすべての物も、良き物で満たされているのです。しかし、いつのまにか愚痴や不平不満、怒りを口にする者となっています。神は私たちが、自分の力だけでは楽しく生きられないのを知り、御子イエス・キリストを地上まで送って下さいました。悪の力に左右されて、まっすぐに生きられない私たちに、キリストが御自分の命まで捨てて救いの道を開いて下さいました。この救い主イエスを通して、命の与え主の神と、厳かに向き合うことができます。神の形をもって生きるようにされ、すべての良き物が与えられ、祝福された私たちの命です。これからは不平不満、欠乏感や不足感の中に生きる乏しい人生ではなく、すべては与えられ、満ち足りていますと感謝し、喜んで歩んでまいりましょう。神に立ち返り、本当に価値ある人生を手に入れられますように。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク