主の前に出る信仰を高める

…ある盲人が、道ばたにすわり、物ごいをしていた。…ナザレのイエスがお通りになるのだ、と知らせると、彼は大声で、「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください。」と言った。…イエスは立ち止まって、…「わたしに何をしてほしいのか。」と尋ねられると、彼は、「主よ。目が見えるようになることです。」と言った。イエスが彼に、「見えるようになれ。あなたの信仰があなたを直したのです。」と言われると、彼はたちどころに目が見えるようになり、神をあがめながらイエスについて行った。…
                   ルカの福音18章35節~43節

今日の聖書箇所で、目が見えず物乞いをするしか生きるすべのなかった男が、キリストとの出会いを通して、目が癒されるという驚くほどの恵みをいただきました。その時イエスは、あなたの信仰があなたを治した、あなたのその信仰が、恵みをあなた自身に引き寄せたのだよ、と言われました。
私たちもこの一年の折り返し地点となるこの1週間、2017年の後半に向けて、生きた信仰を自分の中に確立していきましょう。

1.自分の霊的感度を確認しよう

イエスからあなたの信仰があなたを祝福し、救った、と語っていただける信仰を持つために、私たちはもう一度自分自身の霊的な心の感度がちゃんと高められているかどうか確認したいと思います。
この男が生きていたのは、今とは違って二千年前の厳しい社会の中です。目が見えない彼には、物乞いをするしか生きるすべがありませんでした。彼は、人間の感覚の中でも最も大切と言っていい視覚が失われていたのですが、神を感じる霊的な感性においては、私たちより優れていたのです。いつものように物乞いをしていた時に、周りの雰囲気が何か違うことを感じ、周りの人に聞きました。そして彼は、救い主として人々が噂をしているナザレのイエス・キリストが来ていることを突き止めたのです。私たちの教会では、礼拝や特別集会、イベントで楽しく盛り上がりますが、そこにイエスがおられることに気づいて欲しいのです。イエスに対する霊的感度を忘れないようにしたいのです。

2.霊的な行動力を働かそう

仕事のノルマなら一生懸命がんばっても、神から促された霊的な事柄に対しては、信仰の行動力がないままでは残念です。祈れば良いと分かっているのに祈らないまま、気付いた時はすべてが通り過ぎて終わってしまっているということになりませんように。イエスがどこにおられるかもわからない盲目の彼にとっては、大声で叫ぶ以外に自分の存在をイエスに知ってもらう方法がなかったのです。でも彼は、自分に与えられた神からのチャンスを失わなかった。精一杯信仰を働かせて行動したのでした。私たちも霊的な行動力、信仰によって神を求める行動力に優れた者になろうではありませんか。

3.主に必要な恵みを求めよう

皆にとっては迷惑な騒音でしかなかった彼の大声も、イエスにとっては心から求める信仰の祈りとして響いたのです。彼を呼び出して、そしてイエスの方から語りかけて下さった。「私に何をしてほしいのか」。そのとき彼はすぐに申し上げます。「目が見えるようになることです」。彼は自分が神に求めるべき一番重要なものをすぐに申し上げて、その答えをイエスからいただいたのです。イエスの前に立つ時に、足りない愛、弱い考え、癒し、知恵、私たち一人ひとりが本当に必要としているものを素直に認めたいと思います。私たちの抱えている必要や問題が、主によって整えられ変えられ解決されることを祈ろうではありませんか。イエスの前に素直にへりくだって、自分の必要を正直に求めることができる者になりましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク