共におられる主によるいやし

…墓はほら穴であって、石がそこに立てかけてあった。イエスは言われた。「その石を取りのけなさい。」死んだ人の姉妹マルタは言った。「主よ。もう臭くなっておりましょう。四日になりますから。」…「もしあなたが信じるなら、あなたは神の栄光を見る、とわたしは言ったではありませんか。」…イエスはそう言われると、大声で叫ばれた。「ラザロよ。出て来なさい。」すると、死んでいた人が、手と足を長い布で巻かれたままで出て来た。彼の顔は布切れで包まれていた。イエスは彼らに言われた。「ほどいてやって、帰らせなさい。」      ヨハネの福音書11章38~44節

今、健康寿命ということがよく話題になりますが、この癒しの礼拝の中で、元気に喜び、溌剌(はつらつ)と神を信じる者としての輝きを放ちながら生かしていただけるよう求めていこうではありませんか。
この箇所の前を見ると、町々村々を伝道していたイエスのもとに、マルタとマリアの姉妹から、弟ラザロが病気にかかり危篤状態にあるという知らせが届きます。彼らはイエスを信じていましたから、すぐにベタニヤに来て癒してもらおうと思ったのです。しかしイエスは、「この病気は死で終わるだけのものではなく、神の栄光のためのものです」と意味深なことを言われ、すぐに出発せず、さらに2日間そこに留まったのです。イエスがベタニヤに到着した時には、ラザロは死んで墓に入れられ、4日も経っていました。イエスを迎えたマルタとマリアは同様に「主よ、もしここにいて下さったなら、私の弟は死ななかったでしょうに」と若干の不満、後悔の言葉を言います。この箇所から3つの事を確認しておきましょう。

1.主イエスがここにおられるから

イエスが墓に行き、亡骸に向かって、大声で「ラザロよ、出て来なさい」と叫ぶと、ラザロが生きかえるというすさまじい奇跡が現されたのです。聖書の信仰は、自分の精神力や悟りという、私たちの側でどうこうできることではなく、時間と空間を超え、霊的な働きとしてキリストが共にいて下さることの醍醐味を学ぶものです。マルタとマリアの「もしあなたがここにいて下さったなら」はイエスがおられなかった事実を踏まえての、もしもでした。私たちはイエスがここにおられることを踏まえて「もしイエスがここにおられるなら」という信仰を持ち、期待したいと思います。主がここに共におられる。ここに奇跡や大きな恵みの鍵があることを知りたいと思います。

2.主が共にいると神の栄光が現される

「その石を取りのけなさい」と言うイエスに、マルタは、4日も経ってもう臭くなっておりますからと答えます。イエスは「もしあなたが信じるなら、あなたは神の栄光を見る、と言ったではありませんか」と言われます。神の栄光とは、神の秀でた様であり、神だからこその、ものすごい恵みが現れること。神が罪人である私たちを、御子イエスの命を捧げてまで救おうとされる、神の救いの御計画、神の深い愛が現れるということです。単に病気が治るだけでなく、この病を通して祈りは答えられた、主が共にいて下さり、2千年経った今も生きて働かれ、イエスこそが真の神であることがわかりましたと証しできるようになりましょう。

3.状況にかかわらず御業を現される

今、あなたの置かれている状況は、どうしようもないほど大変でしょうか。では、ラザロが置かれていた状況はどうだったでしょうか。彼は死後4日も経っており、可能性が全くない状況でした。でもイエスは、共にいて下さり、「墓から出て来なさい」と語り、甦らせて下さいました。今、あなたが置かれている状況がどうであれ、それはそれ。私たちの辛さや苦しさ、涙のある人生の現場に主は共に立ち、常識をはるかに超える御業、神の栄光を現して下さいます。これを信じて歩んでいこうではありませんか。この病を通して、あなたの栄光を現して下さい、私が証し人になれるようにと祈ってまいりましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク