いやされる信仰への成長

ルステラでのことであるが、ある足のきかない人がすわっていた。彼は生まれながらの足なえで、歩いたことがなかった。この人がパウロの話すことに耳を傾けていた。パウロは彼に目を留め、いやされる信仰があるのを見て、大声で、「自分の足で、まっすぐに立ちなさい。」と言った。すると彼は飛び上がって、歩き出した。        使徒の働き14章8節~10節

今日の物語は、パウロとバルナバが伝道旅行の途中、ルステラという町に行った時の話でした。パウロたちがその町で話をしていると、この教えを聞こうと集まっている人の中に足の不自由な人がいました。この人物が、イエス・キリストによる癒しの力をいただき、人々の目の前で癒されて、生まれて初めて歩くことができるようになったのです。イエス・キリストの御名による祈りがどれほどすごいものであるかを体験したのでした。この物語から、イエスが、私たちのためにも働いてくださること、本当のクリスチャンだからこそ、イエス・キリストの恵みをいただくことができること、これを実体験させていただきたいと思います。そのために3つのポイントを確認しましょう。

1.神の言葉に耳を傾ける

足が不自由なこの人が、集会の場所で何をしたのでしょうか。彼は、パウロの語る、主キリストの福音に耳を傾けていたのです。この事実は重要です。私たちは、自分が不幸で困難な状況にある時、周りのみんなを責める方向に流れがちです。でも信仰とは、自分と人との比較や関わり方の問題ではなく、神に目を向け、語られる神の言葉に耳を傾けることです。神は今日も病んでいる私たちに癒しを語られるでしょう。その言葉に耳を傾け、しっかりと自分のものとして受け止めたいと思います。彼は生まれてから一度も歩いたことがなかったにもかかわらず、ひねくれて落ち込んで誰かを裁くのではなく、語られる
主イエス・キリストの言葉に耳を傾けていたのです。

2.癒しを引き寄せる信仰を働かせる

彼に「いやされる信仰があるのを見て」と書かれていることに注目したいと思います。私たちはいつも、神に学び、教えられ、神の中にある恵みを求める姿勢を持とうではありませんか。その中に、癒されて当然だと言われる信仰を与えられたいのです。私たちの信仰もまだまだ成長できます。Brush Up!をテーマとするこの一年、癒しを引き寄せる信仰、癒されて当然だと言われるような、イエスに喜ばれる信仰の持ち主へと私たちは成長していきたいと思います。「どうか、イエスから、あなたには癒される信仰がありますと言ってもらえる者となりますように」と、祈っていこうではありませんか。

3.想像を超える奇跡の御業を体験しよう

パウロの言葉ですぐに飛び上がって歩き始めたこの男ですが、彼は生まれながら足が不自由だったのです。神から与えられる恵みは、私たちがかつて一度も体験したことのないようなことさえ起こすことを感謝して期待したいと思います。誰も体験したことがない、全く考えたことも想像することもできなかった、まさに奇跡と呼ぶにふさわしい事柄を神は与えてくださる、というところまで、あなたの意識の中で癒しの御業の可能性を押し広げてください。癒しを求めて祈る時、この男が体験したように、生まれてから一度も歩いたことがない男が、まっすぐに躍り上がって立ち上がり、歩き始めるというような神の恵みを頂きたいと思いませんか? 神の御力にはどんなことでもできると、あなたの癒しの器を押し広げましょう。神をありきたりな小さな範囲に限定せず、本当に奇跡と呼べるような、私たち人間の説明をはるかに超える恵みを体験できるようにと今、祈りましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク