恐れないで、ただ信じていなさい

…会堂管理者のひとりでヤイロという者が来て、…こう言った。「私の小さい娘が死にかけています。…娘が直って、助かるようにしてください。」そこで、イエスは彼といっしょに出かけられた…
会堂管理者の家から人がやって来て言った。「あなたのお嬢さんはなくなりました。…」イエスは、…会堂管理者に言われた。「恐れないで、ただ信じていなさい。」…イエスは…子どもの手を取って、「タリタ、クミ。」と言われた。すると、少女はすぐさま起き上がり、歩き始めた。…
          マルコの福音書5章21節~24節、35節~43節

今日は、会堂管理者ヤイロの娘のいやしを通して、御言葉をしっかりいただきましょう。ヤイロはイエスのところに来て、死にかけている娘に手を置いていやしてくださるよう一生懸命お願いしました。イエスがヤイロの家に来てくださることになり、ヤイロはこれで娘は助かると信じていました。ところが、すぐにはたどり着けず家に向かう途中で、娘は死んだと連絡がありました。ヤイロの落胆はいかばかりだったでしょう。イエスはすぐにヤイロの気持ちを察して、「恐れないで、ただ信じていなさい」と励まし、「ただ信じる」という信仰をヤイロに求められました。ヤイロはそれに応えてイエスを家に案内し、死んでいた娘は、もう一度イエスによって命を与えられました。ヤイロはこのことを通して、たとえ状況は変わっても神を信じ続けるなら、神はどんなことでもおできになることを体験したのでした。では私たちが神からのすばらしい恵みをいただくために必要なものは何でしょう。

1.神の約束を信じ通す

聖書の中には、神の約束を信じ通して、神の恵みを体験した人が数多く出てきます。2人の盲人は、イエスに「信仰の通りになるように」と言われ目が見えるようになりました。息子のてんかんのいやしを求めた父親に、イエスは「できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなことでもできるのです」とおっしゃって、いやされました。らい病におかされた将軍ナアマンは、エリシャが使いを送って告げたように、ヨルダン川で7たび身を洗うという不思議な方法できよめられました。理屈や条件を付けずに、ただ信じましょう。信じない者に、イエスは御業を現すことはできません。私たちは、恵みをいただきたいと祈りながらも、信じ続けているか点検しましょう。

2.神の約束は変わらない

年老いたアブラハムとサラに、神は約束通りイサクを与えられました。神は聖書の中で、私たちを恵み、守り、助け、いやし、祝福し、祈りに答えると約束しておられます。約束のものをいただくために必要なものは忍耐です。しかし、ただ待つのではなく、期待して待つことが大切です。神の力に限界はないと信じていながら、私たちの方で限界を作って、神の恵みを押しとどめてはいませんか。
私にも癒しのお証しがあります。母の体が突然動かなくなり、言葉がしゃべれなくなりました。とにかく神にいやしを祈り続けると、また話せるようになりました。念のため病院で診(み)てもらいました。医者は「何かの拍子で詰まっていた血管が通ったのでしょう」と言いましたが、神の奇跡です。また、あと一週間もつかどうかという高齢の女性を毎日見舞って祈り続けるうちに、どんどん元気になり、病院を退院して施設で天に召されるまで2年間生きることができました。私自身は、20年間アレルギー性鼻炎に苦しみ薬を飲み続けていましたが、今年の3月にムーイ先生のいやしの集会で信仰が与えられ、少しずつ薬が減って今では解放されました。人に命を与えてくださった真実な神は、どんなことでもおできになることを、私自身ひしひしと体験させていただきました。神があなたを選び信仰を与え、幸せにするという約束は変わりません。それをいただくためには、神の恵みを信じ続ける、ただそれだけです。信じ続けて私たちも神の恵みと祝福を体験させていただきましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク