十字架・復活を知る信仰者の特権

信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばを語り、蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また、病人に手を置けば病人はいやされます。」主イエスは、彼らにこう話されて後、天に上げられて神の右の座に着かれた。そこで、彼らは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えた。主は彼らとともに働き、みことばに伴うしるしをもって、みことばを確かなものとされた。
                 マルコの福音書16章17節~20節

今日は母の日です。日頃、お母さんに感謝の少ない私たちですが、今日は、母の愛と労に感謝して祈りたいと思います。
5月を迎え新しい時代へ歩みを進めていく中で、私たちは日々、喜び愛し祝福し合って、恵みを積み重ねていくことが大切です。先日のイースターで、私たちの罪を贖う主の十字架の恵みと、永遠のいのちを保証する復活の主が、常に私たちと共にいてくださるという恵みの内を歩んでいることを確認しました。これこそがクリスチャンの恵みであり、醍醐味です。この主の恵みを伝えてまいりましょう。
マルコの16章は、イエスの復活の記事に始まり、クリスチャンとして全世界に出て行き福音を伝えなさいと締めくくられています。そして、主を信じる私たちには、特権が与えられていると書かれています。すなわち、イエスの名によって悪霊を追い出し、新しい言葉を語り、どんな危険な状況でも命が守られ、病人に手を置けば癒されるのです。与えられた特権、特典は用いましょう。当時の弟子たちも弱く自信もなく、恐れでいっぱいでした。でも彼らは、福音を宣べ伝えたから、主は彼らと共に働き、御言葉に伴うしるしをもって御言葉を確かなものにしたのです。信じる者に与えられた特権を生かしましょう。

1.出て行って実践してみること

信仰はやっぱり使ってみて、試してみて、働かせてみて、聖書が語る通りに信仰を用いてみるクリスチャンでありたいと思います。イエスが私たちに与えられた特権を用いないままという、もったいないことがないようにしましょう。私たちの信仰は飾り物ではありません。生活の現場で、人々の病気の癒しのために、抱えている問題の解決のために信仰を働かせて、実際に祈ってみることです。イエスの御名によって祈り、御業を体験することが大切です。

2.主イエス・キリストの福音を伝えること

弟子たちは出て行って、いたる所で福音を宣べ伝えました。福音とはイエスの教え、恵みです。どこまで行っても弟子たちが伝えたのはイエスです。イエスが物事の中心で、私たちはそこから目を離さない。私たちに力があるのではなく、イエスがそこにおられ、イエス・キリストこそ、私たちの救い主であり、癒し主であることを絶対に忘れないこと。イエスが私たちの中心におられることを確認しましょう。

3.御言葉に伴うしるしをいつも期待する

クリスチャンの祈りは、祈りっぱなしでは終わりません。弟子たちは病む人々に手を置き、祈り、悩み怒りや絶望の中にある人々を解放し、神の業、奇跡を体験したのです。もちろん、薬を飲むこと、病院に行って手当てを受けること、あるいは手術も必要でしょう。しかし、その前に特権を生かしてイエスの力ある業、奇跡を求めて祈ってまいりましょう。主によって与えられた特権により、私たちが誰かに手を置いて祈れば主によって癒されるし、しるし、不思議、奇跡さえ起こるのです。イエスはそのように語っています。今こそ主の救いを語る時、リバイバルの始まりです。私たちの愛には限界があり、力は足りません。しかし、神にはどんなことでもできます。主が私たちに与えてくださった特権を知り、それを感謝し、それをそのまま働かせ体験しましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク