恐れないで、ただ信じていなさい

会堂管理者のひとりでヤイロという者が来て、イエスを見て、その足もとにひれ伏し、いっしょうけんめい願ってこう言った。「私の小さい娘が死にかけています。どうか、おいでくださって、娘の上に御手を置いてやってください。娘が直って、助かるようにしてください。」…会堂管理者の家から人がやって来て言った。「あなたのお嬢さんはなくなりました。なぜ、このうえ先生を煩わすことがありましょう。」イエスは、その話のことばをそばで聞いて、会堂管理者に言われた。「恐れないで、ただ信じていなさい。」…         マルコの福音書5章21節~24節、35節~43節

今日、イエスが会堂管理者ヤイロに言われた「恐れないで、ただ信じていなさい」というみ言葉を、私たちに語られたみ言葉としてしっかりと受け止めたいと思います。
ヤイロはイエスに、死にかかっている娘の上に手を置いて助けてください、と必死にお願いしました。イエスはすぐにヤイロの家に出かけましたが、途中大勢の群衆に阻まれ、また長血を患った女性をいやされて、ヤイロの家に着く前に娘は死んだと連絡が来ました。ヤイロの心の中は、「一番恐れていたことが起こった。もう手遅れだ。イエス様を家まで案内して手を煩わせることはない」と絶望と深い悲しみで何も言えませんでした。ここでヤイロがイエスを家に案内することをやめていたら、娘は生き返らなかったことを知らなければなりません。この時イエスは、「恐れないで、ただ信じていなさい」と慈しみ深くヤイロを励まして言われました。今日は、この聖書の箇所を通し神から恵みをいただく秘訣を学びましょう。

1.祈りを決して取り下げない

家族の救いや病のいやし、問題の解決、様々なことを神に祈ります。しかし、なかなか応えられないという現実を通して、もう無理だろう、祈りをやめようか、こんなに長い間祈っているのに救われないからと、祈りを取り下げようと考えたことはありませんか。信仰を持っていても、私たちの思いや願い通りにならないことは山ほどあります。その中で、あなたに求められていることは「恐れないで、ただ信じていなさい」というみ言葉です。信仰をもって祈り求め期待し続けることで、神は働いてくださるのです。私自身も大きな癒しの恵みを体験しました。二十年近くアレルギー性鼻炎で苦しめられ薬に頼っていましたが、去年ムーイ先生の集会で、神は癒してくださるという信仰を与えてくださいました。それ以来だんだん薬が減っていき、今では薬を飲まずに快適な生活を送っています。心から感謝しています。あなたが信じないで、どうして神は働くことができるでしょう。私たちが祈りを取り下げて、神が働かれないようにしてしまっていることを知らなければなりません。

2.神に祈り委ねる

ヤイロは娘が死んだと聞いた時、いったんはイエスを家にお連れするのをやめようと思ったでしょう。しかし、「恐れないで、ただ信じていなさい」のお言葉通り家にお連れして娘は生き返りました。イエスは「ヤイロよ、私はあなたの娘をいやしたいのだ」とおっしゃいました。同じように、あなたにもおっしゃっているのです。
以前、九十歳のご婦人がもう一週間も持たないだろうと医者に言われていましたが、毎日、癒しの祈りに通っていました。すると意識が戻ってだんだん元気になり、食事もとれるようになって、病院から施設に移り、それから二年間も生かされたのです。私たちの信じる神は、私たちの祈りに応えて働いてくださる神です。祈りに応えたいと思ってくださっている神です。感謝しましょう。あなたが祈っていることを決して取り下げてはいけません。イエスの名によって祈ることを絶対にやめてはいけません。イエスが言われる通り「恐れないで、ただ信じていなさい」、この信仰をもって歩み続ければ、神の恵みを確かに受けることができるのです。このことを信じましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク